八王子ダルクについて

ダルクとは

ダルクとは「薬物依存症」から回復して社会復帰を目指す民間のリハビリ施設です。
1985年に設立、東京都荒川区・に誕生した日本で初めての民間の薬物依存症の回復施設です。

DARCとはDrug(ドラッグ)Addiction(依存症、行動嗜癖)Rehabilitation(リハビリ)Center(施設)の文字の頭文字をとってDARC(ダルク)といいます。

全国のダルクが、それぞれの地域の方々、医療・福祉・司法・教育関係者と連携をしながら運営しております。
ダルクの特徴は創設者、スタッフはほぼ全員が薬物依存症から回復した本人で運営されているところです。
回復のためのプログラムは先に薬物を止め続けている人たちが新しく来る人を手助けしながら共同生活を行い、毎日グループミーティングを行うことが中心となっております。

八王子ダルクは2011年4月にNPO法人東京ダルクの八王子寮として開設いたしました。
八王子ダルクには入所の「ダルクホーム」「就労ホーム」、通所の「オネスティ」があります。

ダルクを利用するには

「薬物を止めたい」と思っている方なら、どなたでも利用できます。
まずは電話やメールを下さい。一つ一つ問題を解決していきましょう。

団体情報

名称 特定非営利活動法人 八王子ダルク
名称カナ ハチオウジダルク
所在地 東京都八王子市寺町43-9 中銀八王子マンシオン1F
代表者 加藤 隆
法人番号 2010105001832
目的 この法人は、広く一般市民に対して、薬物依存症に関する身体的・精神的・社会的な支援サービスを提供することによってその回復と自立を支援し、薬物依存症に関する調査研究・予防啓発も行うことにより、我が国の保健又は福祉の増進に寄与することを目的とする。
認証日 2015年8月31日
定款 平成30年6月6日 施行
貸借対照表 令和元年度

活動報告

八王子ダルク沿革

2011年 4月 NPO法人東京ダルク八王子寮として開設
2012年 7月 法務省自立準備ホーム登録
2012年12月 就労者向け「就労ホーム」開設
2015年 7月 NPO法人八王子ダルク法人化
2017年 9月 障害者総合支援法・生活訓練事業所「オネスティ」開設